最新のシステム

ドアに挿した鍵

出かける時には短い外出時間でも忘れずにドアに鍵をかけることで、防犯対策になりますが、鍵によっては簡単に開けられてしまう物もあります。心配な時にはピッキングが行いにくい鍵に変更し、紛失トラブルを防ぐ場合には暗証番号を使用して鍵を開閉できる物を使うことで、防犯効果を高めます。 鍵を紛失すると開けたい場所に入れないだけでなく、拾われた鍵がどこを開ける物なのかを拾った人に知られてしまうと侵入される危険があるため、落とした時にすぐ分かるように音が鳴るストラップなどに付けたり、拾われてもどこを開けるものなのかが分かる個人情報は鍵がついているストラップなどに書かないようにすることも防犯になります。 鍵一つだと開けられることもあるので、家や自転車には防犯性の高い鍵を2つ用意することで、すぐに開けられなくなり、泥棒に開けることを途中であきらめさせやすくします。

鍵でロックするタイプのドアで一番困るのは、紛失してしまった場合です。開けられない閉められないといった問題だけでなく、紛失した鍵を悪用されてしまうという、防犯の観点からよくない事態になります。鍵交換にかかる手間や費用も考えると、大変です。 こうしたことを防ぐために、鍵を暗証番号タイプのものに替えてしまうことも防犯上有効です。鍵を持ち歩く必要がなくなるため、不注意からなくす心配もありません。また、オートロックなので鍵の閉め忘れもなくなり、うっかりミスを防げます。 この他、不正な開錠を警告するアラーム機能、高い耐久性など、一般的なロックにはない特徴を持ち、防犯面で非常に優れているのが魅力です。そそっかしい、防犯対策をより確実にしたい、などといった人は導入の検討をおすすめします。